みんなのヒーローアンパンマンとは?

2011年3月に起きた東北の大震災により、その土地はもとより人間の精神や体にも大きな傷を負った災害となったのです。

とくに災害によるダメージにおいて精神においての負担は大きく、これは大人以上に子供にかかる負担は計り知れないといえます。

しかしその子供にかかる精神的な負担が軽減する出来事があり、それは年代を問わずに尊敬されるあるヒーローの存在が子供たちの心をいやすことになったのです。

そのヒーローとはアンパンマンであり、このアンパンマンの存在とそのテーマソングが子供の心をいやすことになったのです。

このアンパンマンとは?何であるのかというと、まず簡潔に説明すると人間の心を宿すことになったアンパンです。

その人間の心を宿すあんパンが、この作品の中以上に現在を生きる人に勇気と希望を与えるヒーローとなった理由としてはこのアンパンマンが生まれるきっかけとその後が大きくかかわっているといえます。

その生まれはパンづくりにおいて有名なジャムおじさんがあんパンを専用の窯で焼いているときに、そのパンを焼いている最中に星空輝く夜空から星が舞い降りてかまどの煙突に入りあんパンに共鳴してアンパンマンが生まれたのです。

そして赤ちゃんだったアンパンマンを子供の心を養い育てることを信条としているジャムおじさんに育てられることで、その子供に対して優しく見守り困っていたら本来歩み寄ることのないバイキンマンであっても助けるヒーローとなっていったのです。

このアンパンマンには原案があり、その話は戦争中の国において貧困で悩む子供たちに自分が持っているあんパンを譲ることで自身にも子供にもおなかを満たす以上にその世界で心が救われる話が原案となっています。

その話をアンパンマンの原作者であるやなせたかしさんが継承して、そのやなせたかしさんが亡くなった現在においても先に言った歌や話そしてミュージアムのような形で楽しまれることで現在の年代を問わずに広まり愛されるヒーローと言う形でこれからも永遠に語り継がれることになったのです。