力をあわせて困難に立ち向かう様子

アンパンマンは、絵本やアニメやイベントなどで子供達に大人気のヒーローです。たくさんの仲間達がいて、それぞれに細かな設定と個性とがあり、子供達に親しまれています。

まずはアンパンマンの生みの親のジャムおじさんと、ジャムおじさんを支えるバタコさんです。そしてアンパンマンと同じくジャムおじさんが作ったメロンパンナ、その弟分のクリームパンダもいます。

さらに、しょくぱんまんやカレーパンマンも、強く正しい心を持った頼もしい仲間です。

他にもたくさんの仲間達がいて、それぞれに目的を持って生活をしながら、困っている人や苦しんでいる人に手を差し伸べています。ここでポイントなのが、生活をしながら助けているという点です。

たとえばジャムおじさんやバタコさんはパンを作り、アンパンマンやメロンパンナやクリームパンダはそれを配達しています。そしてその最中に困った人を見かけると、助けるのです。

生活をしているという点で、これらのキャラクターは視聴者と同じ立場です。それでいて、人助けもするのです。誰かが困っている時に都合よく現れて、助けてからどこかへ去っていくヒーローとは、全く異なっています。

ここが、アンパンマンやその仲間達の最大の特徴です。あくせく働きながら人助けをしている様子を見て、子供達は働くことや人に親切にすることを自然に覚えていきます。

働きながら周囲の人を助けるということを、当たり前のようにとらえていくのです。身近に感じられるヒーローだからこそ、影響力が大きいわけです。

さらにアンパンマンは、人助けを仲間達と協力しながらおこなうことも多いです。力をあわせて困難に立ち向かう様子も、子供達にとっては非常に良い刺激となります。

そのためアンパンマンは、子供達からの人気が高いだけでなく、その親からもぜひ子供に見せたい作品とされているのです。

それがゆえにアンパンマンの絵本や紙芝居は多く販売されていて、テレビアニメや映画もどんどん制作されていて、劇場やデパートなどでのイベントも積極的におこなわれているのです。

Comments are closed.